グループホーム

グループホームの費用

グループホーム

グループホームの入居時にかかる費用は、大きく分けてみると入居時にかかる費用と月々にかかる費用に分けられます。入居時にかかるお金は、入居一時金や保証金などを示します。入居保証金とはグループホームを利用するための権利を得る為に支払う費用で、保証金は賃貸住宅で言うところの敷金にあたり、その金額には公的な決まりはなく施設によって大きく差があります。この入居一時金や保証金が0円の施設もあれば、100万円を超える施設もあるので慎重に検討する必要があります。又、この入居一時金や保証金については退居時に返還されますが、その返還金の算出方法も施設によって変わってくる為、しっかりと確認しておく必要があります。

次に、月々かかる費用は大きく分けると居住費・介護保険負担料・管理共益費・水道光熱費・その他実費負担費に分けられます。その中でも居住費とその他実費負担費は施設によって大きく金額が違ってきます。居住費とは家賃のことを表し、同じような間取りや景観の中にあっても、その値段は施設によって様々です。また、その他実費負担費にはオムツ代や日用品代が計上されますが、この部分の費用にも施設によって大きな差が生まれます。契約等の際に「その他実費」などで省略されており説明されないこともあるため、注意が必要です。現在では家賃の助成制度や医療費控除の制度などもあるため、活用できるように制度の理解もしておくことで、この部分の金額を少し抑える事が出来るでしょう。介護保険負担料は基本的に介護度によって決まっているので、どのグループホームを選んでもそれほど大きな差額は生まれないでしょう。この部分で差が出るとすれば、サービスの内容や手厚さに伴う加算の有無による変動です。加算がついているということは単純に言えばそれだけ手厚いサービスを行ってくれているということなのですが、たくさんの加算が月々積み重なってくると、支払う金額も大きなものとなります。グループホームにかかる費用に関しては、これらの知識は持った上で見てみる必要があると言えます。

グループホームと老人ホームはどこが違うのか

グループホーム

介護が必要になったとき、施設の入居でグループホームと老人ホームの違いがよくわからないという方は多いです。

 

グループホームは、家庭的な雰囲気の認知症の方のための施設です。
定員が9名から18名で、共同で生活を行います。
医療面でのサポートがないので、脳卒中やほかの寝たきりでの病気で入居する場合はケアが難しいです。
リハビリを行ったり、入居者同士で介護スタッフと一緒にレクレーションを実践しています。
看護師については、常駐しているところとしていないところがあります。
アルツハイマー型の認知症は、一人で生活していると症状が悪化しやすくなります。
共同生活をしながら、患者さんに一番いい細やかなケアが可能なのがグループホームの良い点です。
寝たきりではなくて、ある程度自立していることが条件になっている場合があります。
症状が重くなった場合は、病院や老人ホームに移るように言われることもありますので、入居の際に担当スタッフに相談することが必要です。
対象者は、要支援2〜要介護の人で連例は65歳以上の方になります。
介護保険が使えますが、民間の場合は月の費用が、15万から30万程度かかります。
入居一時金は、施設によって違いますので行きたい施設があれば、問い合わせてみることが必要です。

 

 

老人ホームは、介護の必要な高齢者を受け入れている施設です。
国の施設と民間の施設があり、国の施設は住民税をはらっているどうかや、収入によって違ってきます。
民間の老人ホームは、月の費用は15万から高級なところは30万以上かかる施設もあります。
特別養護老人ホームは、国の施設で要介護3以上の基準になっています。
月々の費用は、8万から12万程度になります。
国民年金だけの方は、生活保護について自治体で相談することができます。
介護が認定されている方で、日常生活から食事やお風呂のサポート、リハビリなどを行っています。
病院と協力体制をとっているので、いざというときには病院にすぐに行くことができます。

病院、施設(有料老人ホーム、特養、グループホーム)と在宅で看ることの違い

グループホーム

お看取りの場所として挙がってくるのが病院・施設・在宅の3つです。病院も施設も命を預かっている心強い場所であり、お看取りもしてくれますが、根本的に担っている役割がそれぞれ違います。

病院には場所にもよりますが基本的に病院は生きるために病気を見つけて治療を行い元気になってもらう、又は延命を図るという役割があります。つまり死を迎えないために、長く生きられるように医療を提供する場所なのです。そのため入院をすると心電図をつけて心拍数や血圧を監視し、状態が悪くなれば点滴を入れたり人工呼吸器を付けて徹底的な全身管理を行います。患者さんが亡くなるという事を前提としていないので、場合によっては心臓マッサージまで行うこともあります。
施設は病院と違い、そもそも看取るという役割を担っている場所です。そのため家族や本人が延命を望まない場合は、状態が悪くなっても病院に搬送せず点滴や医療機器も使用しません。突然死の場合もありますが多くの場合は利用者の老衰していく姿を、家族と共にゆっくりと見守っていくというスタンスでお看取りをします。施設はその人らしい最期が迎えられるようにするために、手助けをしている場所です。
在宅医療とは延命を望まず、自宅でお看取りが出来るようにする医療です。そのために今まで病院で受けていた治療が在宅でも受けられるよう、訪問診療や看護の介入、生活に必要な物品の準備などを行って生活できる環境を作ります。在宅でのお看取りを選択した場合には状態が良くなることは望まず、施設と同じように自然な形で最期を迎えられるように家族が支えるという形です。介護は家族が主体となるので、協力が得られない場合は厳しい選択ですが患者の状態の変化を最後まで見て感じてお別れをすることができるというメリットがあります。
このように看取り自体は病院・施設・在宅どこでもできますが、場所によって担っている役割が違うので、本人の希望あるいは家族希望によってお看取りの場所を考えなければなりません。

グループホームでの仕事内容

グループホーム

近年、少子高齢化が進み高齢者の介護と介護者の不足も深刻さを増して、施設の不足もまた重要な課題となっています。しかしながら、家族や親戚に要介護者がいなければどこか身近な問題としては感じられにくいのが現状と言えるでしょう。まず要介護の高齢者の入居する施設には、特別養護老人ホームあるいはグループホームとよばれるものがあります。これらは混同されがちですが、明確な違いがあります。特別養護老人ホームとは、要介護3以上の65歳以上で身体や精神に障害のある高齢者が入所できる施設となっています。要介護者の生活の基礎となる居住環境であり、その多くがそこを終の棲家として選ぶこととなります。一方、グループホームとは認知症の高齢者に特化した施設であり、入居定員が少人数である上に利用料金が特別養護老人ホームと比較すると高めに設定されているという違いがあります。グループホームに入居できるのは要支援2以上の認知症患者であり、できる限り規則正しい生活と健康的な毎日が送れるようなスケジュール管理がなされているという特徴があります。入居者と一緒に食事の支度をしたり掃除を行ったり、あるいは外出をして適度な運動や買い物などで気分転換や筋力の維持、さらには認知症の進行を抑制するような刺激を受けるような活動も行っています。また、グループホームの介護職員の仕事内容はある程度体力が求められる部分が多くなってきます。朝7時には起床し、入居者の離床介助や排泄介助などが始まります。それらの仕事が落ち着いた後、入居者と共に朝食をとります。中には介護職員は入居者と別に食事をするスケジュールの施設もありますが、準備や飲食を共にすることもまた認知症のケアのひとつになると考えられているため、実践しているグループホームは数多くあります。その後は職員による口腔ケアや排泄介助などの身の回りの管理が行われ、軽度の認知症患者であれば前述したような掃除や体操、外出する散歩や買い物といった体を動かすような時間も設けられています。グループホームは認知症患者に特化しているからこそ専門的に個別の介護が受けられる有効な施設といえるのです。

グループホームでの介護福祉士の役割

グループホーム

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律によって定められている国家資格で、専門知識と技術を使って、身体上・精神上の病気や障害により日常生活を送るのが困難な人たちの介護を行ったり、介護を行っている家族への介護に関する指導を行うことを目的としています。

グループホームとは、特に認知症対応型共同生活介護として位置づけられていて、要支援2以上の認知症の高齢者が家庭に似た環境において、少人数で共同生活を送るための施設です。グループホームではなるべく日常生活に近い日課を過ごし、他の利用者と一緒に食事の準備や掃除、買い物などを行うことで、認知症の進行を抑制したり機能の維持を目指したりすることが目的となっています。
その中で、介護福祉士に求められる役割としてあげられることは、利用者の方の身の回りの世話はもちろんのこと、利用者本人ができるだけ自立できるように、本人や家族と上手にコミュニケーションを取っていくことが求められます。
また、利用者の方たちが日常生活に生きる喜びを持つことができるよう、リーダーシップをとり導いていくこと、介護の技術や情報などにもアンテナをはり、現場で活かせるように新しい知識や技術を学ぶ姿勢が求められます。
また、施設により違いはありますが、利用者の方の起床時、就寝時などの着替えや排泄の手伝いでは、軽度の認知症の場合には、できるだけ利用者本人が自分で身の回りのことを行うよう導きます。
食事においては、一緒に料理を行うことから始まり、食事の準備、配膳、必要に応じて食事時の補助を行ったり、服薬の補助を行ったりします。洗濯や掃除においてもなるべく見守る形をとります。
また、利用者の方たちが日常生活を楽しんで送ることに加えて、認知症の進行を遅らせる目的でレクリエーションを行うことがあります。付き添いながらの外出なども頻繁に行い、利用者に喜んでもらえるような企画を考えたりします。
その他には、本人はもちろん、その家族が介護を行うにあたり、精神的に支える役割もあげられ、安心してもらえるような気配りが求められるといえます。